ATMを利用するこ際、108円や216円といった利用手数料が銀行口座からの現金引き出しで掛かりますが、銀行や消費金融のカードローンでも同様になります。注意しなければならないのが、提携ATMの利用であり、借り入れと返済に掛かるコストアップに繋がり、利息よりも高くなる可能性があります。

ですが、ローンカードを利用する場合、利用手数料が無料になるATMを利用することで問題は回避出来ます。ですが、近年、カードレスに対応したり、銀行口座へ振り込み融資が受けられるなどサービスが充実したものの、銀行口座から現金を引き出す際、銀行口座から利用手数料も引かれるケースがあります。

例えば、振り込みサービスにより10000円の融資を受けたとしても、実際に引き出せる現金は手数料が差し引かれた金額になってしまいます。日常的に利用する銀行口座という安心感からつい見落としてしまう可能性があるため、振り込み融資サービスを利用する際は提携ATMからの引き出しを避けるのが得策です。

スマートフォンを利用することで、簡単に夜間でも借り入れが出来る反面、無駄な手数料により必要額以上に借り入れすることにも繋がり、ATMの利用手数料と無駄利息発生に繋がらないように計画的な利用が重要となります。