自営業の自身はカード月賦需要なら、借用意味が販売資産か家計資産かしっかり区別する大切があって、カード月賦は職業性資金としての割賦はしてないことがおおくて、販売資産を目的にした借用はほとんど認証に落っこちるです。そうしてカード月賦を頼むときは、借用意味身の丈を生活費、家計資金として、と行う。あくまで家計資金としてで、販売と関係ない借用とれることをしっかり広めるように行う。販売性資産の借用はできないですが、生活費の借用なら自営業の方も、認証を経てカード月賦で借り受けることが可能です。

仮に実際販売でお金が不足して困っていても、生活費を販売に回して、足りないのはあくまで生活費。これを借りたいという公式としてください。