通常では、消費者金融からのキャッシングは総量規制対象になっており、年収の三分の一以上の借入は不可能となっています。

それ以上の金額の借入は銀行カードローンなどの総量規制対象外のキャッシングを利用しなければなりませんが、おまとめローンについては消費者金融の提供するおまとめローンであっても総量規制対象外となっています。

それは、おまとめローンが複数の借入をまとめることから新規の借入ではないということと、おまとめローンが借り手にとって一方的に有利な金融商品であることなどが理由としてあげられます。

そのことからおまとめローンで新規の借入はできませんし、借り手にとって一方的に有利ではないおまとめローンは総量規制対象外とはなりません。